弁護士費用特約がある方

ご自身若しくは同居の親族の自動車保険に弁護士費用特約がついている場合には,下記の料金は適用外です。

弁護士費用特約がある場合には,通常,弁護士費用の負担が0円若しくは低額となりますので,ご安心下さい。
弁護士費用特約について分からないことがありましたら,お気軽にご相談下さい。

弁護士費用特約は使わないと損

近年,多くの自動車保険に弁護士費用特約が付いているのですが,そのことにすら気付いていない方が少なくありません。
弁護士費用特約は,自転車や歩行中に交通事故に遭った場合においても使えますので,交通事故に遭われた際には,家族の自動車保険も確認してみることをお勧めします。

弁護士費用特約を使うことによるデメリットは特にありません。
もちろん次年度から保険料が上がるということもありません。
弁護士が介入した場合,通常,慰謝料が増額しますので,使わないと損ではないでしょうか。

弁護士費用特約がない方

法律相談の費用

初回の相談 無料(1時間程度)
2回目以降 30分ごとに5000円

交渉等の弁護士費用

着手金:無料
報酬:20万円 + 賠償額の10%

独自の保障制度で,自賠基準の賠償金の受け取りを保障いたします。

*紛争処理センター・調停・訴訟の手続きを利用する場合には,別途費用及び実費が必要となります。
*上記金額は税抜きでの表示ですので,別途消費税がかかります。

安心の料金設定

弁護士費用を支払うと,最終的な受取額が減るのでは?と心配されている方も多いと思います。
そこで,当事務所では,保障制度を設け,そんな方の不安を解消いたします。
保障制度とは,自賠基準の賠償金・保険会社提示額の受け取りを保障する制度です。
依頼者様が費用倒れになることを防止します。

(例1)自賠責基準で計算した賠償金が60万円の場合(保険会社の示談金提示前に依頼)

交渉を行い,80万円で示談が成立
その際の弁護士費用の合計額は,28万円 となり,28万円を支払うと,あなたの受取額は52万円
頼まなければ良かった???
→この場合,20万円以上の弁護士費用は頂きません!
受取額は増えませんが,面倒な保険会社との交渉などからは解放されます!
*但し,依頼者様の過失,通院状況などを考慮し保障制度の適用外とさせて頂く場合もございます。

(例2)保険会社が60万円の示談金を提示後に依頼

交渉の結果,80万円で示談成立
その際の弁護士費用の合計額は,24万円(報酬20万円+交渉によって増加した20万円の20%)となり,24万円を支払うと,あなたの受取額は56万円
頼まなければ良かった???
→この場合,20万円以上の弁護士費用は頂きません!
受取額は増えませんが,面倒な保険会社との交渉などからは解放されます!