交通事故で弁護士に依頼するメリット

 交通事故に遭われた被害者の方は,
 どんな病院に行けば良いのだろうか?
 怪我は治るのだろうか?
 治療費は保険会社が支払ってくれるのだろうか?
 保険会社は,いつまで治療費を払ってくれるのだろうか?
 示談交渉はどうしたら良いのだろうか?
 弁護士に相談しに行けば良いのだろうか?
 などなど,様々な不安を抱いておられることと思います。

 そこで,交通事故に遭われた被害者の方が,弁護士に依頼することのメリットとデメリットについて説明していきます。

交通事故で弁護士に依頼するメリット

 弁護士に依頼することの主なメリットとしては,以下のものが考えられます。
 ①早期に弁護士に相談することにより,今後の見通しが立つこと,
 ②保険会社との交渉のストレスから解放されること,
 ③治療に専念することが出来ること,
 ④賠償金が裁判基準で支払われるため,賠償額が大幅にアップすること
 などが挙げられます。

交通事故で弁護士に依頼するデメリット

 弁護士に依頼することの主なデメリットとしては,以下のものが考えられます。
 ①弁護士の所へ相談に行くのが面倒なこと,
 ②弁護士費用がかかるため,受け取る賠償額が減ること,
 ③被害者の過失が多い事案などでは,賠償額が減ること,
 などが挙げられます。

デメリットは本当にデメリットか

 弁護士に依頼する場合,弁護士事務所に電話をしたり,相談に行ったりしなければならず,また,当然弁護士費用も発生します。

 面倒な手間と費用が必要な以上,皆さんが,デメリットと考えるのも理解できます。

 しかし,これらのデメリットは本当にデメリットと言えるのでしょうか?
 また,仮にデメリットと言えるとしても,メリットと比較した場合に,本当に重視すべきデメリットと言えるのでしょうか?

 私の答えは,もちろんノーです。

 私がノーと考える主な理由は,保険会社の存在です。
 保険会社は,事故に遭われた被害者の窓口となってくれることから,一見被害者の味方であるかのような錯覚に陥りがちです。
 確かに,丁寧・迅速に対応してくれる保険会社も多いことから,被害者の味方という側面があるのは事実です。
 しかし,保険会社は,利益を追求する会社である以上,被害者の言いなりでは,利益を上げることが出来ないのが現実です。

 では,保険会社は,交通事故の賠償に関して,どのようにして利益追求するのでしょう?
 答えは簡単ですよね。
 支払う賠償金の額を低く抑えることで利益をあげるのです。

 では,具体的にどのようにして賠償金の額を低く抑えるのでしょうか?
 考えられる主な方法として,早期に休業損害の支払いを打ち切る,早期に治療費の支払いを打ち切る,保険会社独自の賠償基準で示談するなどして賠償金の額を低く抑えることが挙げられます。

 上記のうち,保険会社独自の賠償基準とは何か分からない方も多いと思いますので,ごく簡単に説明します。
 弊所のホームページに興味をお持ちの皆さまの中には,自賠責基準,任意保険会社基準,裁判基準という言葉を目にしたり,耳にしたりしたことがある方も多いと思います。
 これらの基準は,交通事故の賠償額を算定するための基準で,保険会社が独自の基準として使用しているものが,任意保険会社基準といわれているものです。
 保険会社基準が具体的にどのような基準であるかの詳細な説明はここでは致しませんが,任意保険会社基準は,裁判基準と比較して被害者に不利な基準であることは間違いありません。
 賠償額に数百万円の差がでることも,多々あるのが現実です。

 じゃあ,自分で頑張って裁判基準で示談交渉をすれば良いのではないかと,お考えの方もいらっしゃると思います。
 しかし,それは事実上不可能です。
 なぜなら,保険会社が,弁護士以外の人と裁判基準で示談交渉をすることは通常考えられないからです。

 また,保険会社の担当者は,交通事故対応のプロですので,知識も経験も交通事故被害者とは比べものになりません。
 交通事故被害者が対等に交渉出来るとは思えません。

 じゃあ,結局どうすれば良いのだと言われるかもしれません。
 私は,弁護士費用を支払っても賠償金の額が増える事案に限って,弁護士に依頼すれば良いと考えております。

 そんな事案は少ないのではないのか?と思われる方も多いと思います。
 しかし,実際は,弁護士費用を支払って賠償額が減るという事案の方が少ないのが現実です。
 言い方を変えれば,任意保険会社基準と裁判基準の間には,弁護士費用を捻出できるぐらい差があると言うことです。

 交通事故の賠償は,基準が確立しており,通院日数や後遺障害の有無の事情が分かれば賠償金の算定をすることはそれほど困難ではありません。
 最近は,交通事故の無料法律相談を実施している法律事務所も多く存在します。
 弁護士に相談すれば,弁護士に依頼した方が良いかどうかを教えてくれると思いますので,一度相談に行って弁護士に依頼するかを決めることをお勧めします。

大阪で交通事故専門の弁護士をお探しの方へ

 弁護士に依頼することにメリットとデメリットが存在する。
 しかし,メリットがデメリットを上回る場合が多数である。

 弁護士に依頼することに抵抗がある方も多いと思いますが,せめて無料相談には行ってみては良いのではないかというのが私の考え方です。

 大阪鶴見法律事務所は,交通事故の法律相談は初回無料です。
 交通事故の被害者のことを親身に考えて下さる医師の紹介も行っております。
 大阪市鶴見区,城東区,旭区,都島区,門真市,守口市,大東市,東大阪市など大阪周辺で,交通事故に遭われた方は,事故後早期に大阪鶴見法律事務所にご相談ください。