主婦にも休業損害が認められます

 交通事故によって怪我をしたことから会社を休まざるを得なくなった場合,相応の休業損害が認められます。
 家事労働も立派な労働である以上,主婦が交通事故に遭って家事を休まざるを得なくなった場合,同様に休業損害が認められます。

主婦の休業損害は意外と高額

 主婦の休業損害は意外と高額です。

 賠責の基準では,家事労働1日あたり5700円として計算します。
 したがって,1か月間、主婦業を休業せざるを得なくなった場合,自賠責基準でも約17万円が休業損害として認められます。

 これはあくまで自賠責基準ですので,弁護士が介入した場合は自賠責基準より高額な基準で交渉することになります。

 裁判所では女性全年齢の平均年収を基準に損害額を計算します。
 具体的には,364万1200円(平均年収)を365日で割って,1日約9975円というように計算します。
 したがって,1か月間,主婦業を休業せざるを得なくなった場合,約30万円が休業損害として認められます。

 弁護士が交渉する場合は,もちろん上記基準で交渉することになります。
 保険会社から主婦については1日5700円しか認めませんと言われたかたは一度弁護士に相談されてはいかがでしょうか。

 もっとも,会社員などは,会社が休業の事実を証明してくれますが,主婦の場合は休業の事実を証明することは困難ですので、休業期間をどの程度にするかは難しいところです。
 少なくとも休業したとさえ言えば休業損害が認められる訳ではありませんので注意して下さい。

大阪で交通事故専門の弁護士をお探しの方へ

大阪鶴見法律事務所では,交通事故後早期の相談をお勧めしております。
 その理由は,交通事故の被害者は事故直後から様々な不安を抱くのが通常であることから,交通事故直後から交通事故の被害者をサポートする必要があると考えているためです。
 また,軽微なむち打ちであっても,人によっては症状が改善せずに後遺障害の等級申請を行う必要が出てくる場合がありますので,できる限り交通事故の被害者のことを親身に考えて下さる医師のもとで安心して治療を行って頂きたいと考えているからです。

 大阪鶴見法律事務所では,交通事故の被害者のことを親身に考えて下さる医師の紹介を行っておりますので,大阪市鶴見区,城東区,旭区,門真市,守口市,大東市,東大阪市など大阪周辺で交通事故に遭われ,弁護士をお探しの方は交通事故後早期に大阪鶴見法律事務所にご相談ください。